日給5万を目指せ!お水道の極意♥️

約20年水商売で働いてきたミヤビが提供する、お水でのし上がるノウハウブログ!

トークについて!(1)

こんばんわ!


お久しぶりです、ミヤビです。


仕事が忙しく、なかなか更新出来なくて申し訳ないです><


さてさて。


今日は「トーク」について。


です。


水商売というのはお客様とのトークで成り立っています。


じゃあ、どんなことを話したらいいのか??


と思いますよね。


今までも書いたように、


テンプレ会話はまず三流キャストのすることということは年頭に置いておいてくださいね。


人はまず、人を見るとき、「悪いとこ」が目につく生き物です。


でも、売れているキャストはそんなとこ一切見ません。


「いいところ」だけを見るのです。


しかも、キャバクラのような回転のある店だと、


付け回しのボーイが、一番目、二番目、三番目と付けて回します。


それもキーになります。


覚えていてほしいのが、一番目につけるのは、「この子でいったらどうだろう?」と、
合いそうだけど、様子見をするための一人目です。


一人目の一見さんであれば、多少のテンプレ会話はあってもいいと思いますが、
その時に、褒められるものを見つけたり、自分の趣味と合っているものを指して会話をします。
例えば、バッグがヴィトンだったとしましょう。
「このヴィトンのバッグ綺麗に使ってらっしゃるんですねー! わたしもヴィトン欲しいんですよね~」とか、ブランド物を持っている方はそれなりに自信があるので、褒められると金持ちといわれてるみたいでうれしくなります。


会話がそこで弾めば、必ずドリンク交渉をしましょう。
もしダメなら、場内も入らずの場合は次の子のために、付け回しのボーイに「あそこのお客様こんな感じで、ドリンクは渋ります」とか、女の子のタイプを聞くのも会話のテーマになりますよね。


もし自分と違う子がタイプかな? と思っても、「わたしは〇〇さんみたいな人好きなのに残念ー!」と残念そうにしょげましょう。そうすると男の人は「そんなことないよ」というでしょう。大概の人は嫌われたくないと思っているので。


これが会話の基本一番目です。


二番目になったキャストは、おそらく一番目とタイプの違う子が付きます。
付け回しは「これでどうだ?」と投入します。


二番手も一番目と同じような会話が基本ですが、盛り上げることに集中しましょう!
「飲んでますか? せっかく飲みにきたなら飲まないと損ですよ!」と言って、自分も飲みたいことを告げます。あくまで自然にできるようにしましょう。焦るとお客様に伝わってしまいます。


軽いボディタッチ、腕を組むなど、甘えるのは良い手段です。
やはり、わたしの店でもナンバーワンの子は甘え上手で、所作や態勢が綺麗です。
そこで一番目の子より、目立つことが大切です。二番目に付いたら「よし、前の子じゃ好みじゃなかったのか! わたしが掴んでやる!」と思うくらいがいいですね。


そこで二番目が終わりました。
飲み物は必ず飲み切る、これは大切ですからね!


そして三番目、これが重要です。


ちゃんと二番目の子が空気作りしてくれていたら三番目は延長をとれるタイプの子をつけるようになっているんです。
なので、ドリンクも大切ですが、まだいたいな……と思わすことが大事です。
盛り上げる、この店は居心地がいい、ドリンクを頼むタイミングを5、10分開けて頼むいいかもしれません。延長交渉のとき、「まだ頂いたドリンク飲んでないー!」が使えます。
男の人がフリーで回す場合は二つのパターンです。


多くの女の子としゃべりたい人、好みの女の子がいなかった場合。


だから、抜けてきたキャストからのお客様の情報ってのはボーイにとって大切で、
好みの子を三番目にベストにつけれたら、その子は延長も出来、大概ここで延長になると、その子が場内指名をもらえる確率も上がります。


なので、ただ単に、日常生活の話をするわけでなく、お客様の日常で言えないことを引き出し、癒しを与える話にしましょう。


あとは、「こういうお店にこれるってことは、お仕事がんばってらっしゃる方なんですね。素敵ですー!」
ということを言うと、お客様は誇りをもってやっている仕事を褒められてうれしいでしょう。


とにかく、笑顔にする、それか、悩みをもっていたり、自分に自信のないようなお客様なら「お疲れじゃないですか?」など、気遣いの言葉も良いですね。


もし愚痴などを言ってきたら、つかめます! あ、この子はそういうことを聞いても真剣に聞いてくれるんだ。とすくわれるからです。


ある心理学者の人がアメリカの心理学者をスナックに連れていったとき、
「ここはカウンセリングルームか」


とびっくりしたそうです。


それくらい、お客様の癒しの場所になるようにしましょう。


自分の話ばかりしていても、つまらないでしょう。


もし、会話がわからないなら、身銭を切ってホストやメンパブにいきましょう。


そうしたら、どういう接客をされるとうれしいか、うれしくないか、よくわかると思います。


統計的に、わたしはそういうところに通っているキャストのほうが売り上げが多い傾向があります。


なんか笑わせてくれ! とか言ってくるお客なら、恥ずかしがらず、ピカチューの物まねくらいしておきましょう(笑)


一生懸命かわいい子がしてくれたら面白くなくても笑うはずです。


あとは、笑うときは大きく、身振り手振りも大きくしましょう。


驚くときも大きく。


しゃべるときは、必ず目線を落としてしましょう。上から目線だと、心理学上も威圧的に感じるようです。
あとはお客様がつまらないと思っているときは、腕を組みます。


もし組んだら、話題をすぐ変えましょう。


心理学を勉強するのも大切です。


対面より、横に座る方が心の距離も近くなります。


あまり良い反応を自分に見せない場合はあまりそれ以上個人情報に踏み込まないのも大切です。


自分が指名されなくても、ほかの嬢王がゲットすれば店売りは上がるんです。


そうすれば、お客様は来店する店になるでしょう。そうすれば、自分がパクれる機会が増えます。焦らず、チームワークで頑張りましょう!


以上がトークについて(1)です。


次回はセクキャバに関してお話します!


でわでわ~


女の子なら美容は大事! 自己投資してない子はただ老けて需要がなくなるだけです。
わたしはスキンケアに30分かけていますよ!


↓リンクチェックしてみて!


ミヤビ💛

お水三大原則!

こんばんわ!


ミヤビです。


今日はバレンタインですね!


昨日も店は指名客が主で、私のお客様も接待でいらしてくださいました!


シャンパン、二本頂いたんですが、(モエ白です)


少々、色々あり、大変な一日でした。。。(私号泣)w



さて。


先日も言いました、お水三大原則についてお話します。


これは、どの水商売でも言える基本なのですが、
意外と知られていないので書きますね!


水商売を初めて始める方に、高級店や、スナックなどでは今でもしっかり言われていることだと思うのですが(私の経験だと)


キャバクラ等大人数を相手し、コロコロキャストが入れ替えがある店では


しっかりとした教育もなしに、
フロアへ出るキャストも多いと思います。


そこで、
これです。


きっと、何も指導のないまま、席に着くと、まず何したらいいの?


に、立ちはだかると思います。


その時にすべきことはまずこのみっつだと思って下さい。


1)しゃべれないなら気を遣え
2)気を遣えないなら飲め
3)飲めないならしゃべれ


以上です。


まあ、大概は喋るのが難しいというところに行き当たります。


そういうときは、こまめにお酒をチェックしたり、テーブルマナーやタバコに気をつけるなど、細かいことには手を絶対抜かないようにします。
まあ、指名は取れないでしょうが、お客様は嫌悪しないはずです。


2)は、それなりにしゃべれるけど、そっちに気がいってしまってテーブルマナーやタバコなどに気がいかない場合ですね。そういう時は盛り上げ役になって、お客様を楽しませて楽しくお酒を頂きましょう! 嫌味なく頂くことができるのは、盛り上げ役の良い役割です。そうすれば、お客様は楽しくて、テーブルマナーなんか気にしません。その間にボーイが片付けてくれます。


3)お酒が飲めないキャストは、多々いると思います。年齢的な問題、お酒が弱い等、体調もあると思います。そういう時はもう、喋るしかありません! 気を遣うのは前提になります。喋って、お客様の気分を害さないように、次のキャストへの情報を仕入れる、または、指名を頂くように会話で仲良くなる。大事なことです。喋ることができれば、接客ができているということなので、まず、お仕事として間違いはないでしょう。


以上です。


簡単に書きましたが、
じゃあ、これ全部できないときは?


と、なると。


お手上げですw


お給料をもらう資格がないと思ってください。


お店も、女の子ありきで成り立っています。



ですが、女の子もお店があるから稼げるわけです。



そこは協力関係にあります。


じゃあ、一般企業の営業マンが売上毎月ゼロだったとします。


それでも、月給20万貰っているとします。


それって、払う意味あると思いますか?


自分がその会社の社長なら、同じ20万を貰って、売上を毎日一本以上とってくる人を大事にしたり、売上が少なくても、無遅刻無欠席、残業もしてくれる等、ミスのない人材だったら、まだ雇おうと思いますよね?


それと同じで、
席についても、ソファーの背もたれにどしっともたれて、自分の売上だけを考えて、お客様に頂いたお金以上のサービスができないでいるキャストは、はたして、お店と協力関係にあると思いますか?


個人プレーのようで、団体戦なのです。


自分が指名もらえなかったから、あの客むかつく、じゃないんです。


自分自身にもタイプがあるように、お客様にも好きなタイプがあります。


だから、三箇条をやってもダメな場合は、少しでも有益な情報をボーイに回すなどして、
その場の空気を悪くしないことだけは最低限しましょう。


それを積み重ねていけば、指名してくれるお客様に出会えるはずです。


水商売は、水のように流れていくものです。


だから水商売です。


なので、柔軟に自分を水のように変えましょう。


女優になるのです。


これを見てくれている皆さんは頑張り屋さんだと思います。


きっと、良い出会いがあり、それが開花し、自分の明るい未来が手にできると信じています!


お金はあって損はない。


お金のために働くんですが、それなら、それだけのことはすべきです。


時給に見合った仕事はしましょう。


お客様は必死で稼いだお金を遣って下さり、大事な睡眠時間を削っていらっしゃいます。


笑顔で送れるように、努め、必ず感謝の気持ちを忘れずいましょう。




ということで、次回は、トークについてお話しましょう^^


★美容、ダイエット、オススメの商品の紹介もしていきますね★


ミヤビ


(一ヶ月で4kg減りました!!)ヽ(*´∀`)ノ


売れてるキャストのしていること

こんにちわ。


初めてで、イイネまで頂きありがとうございます。


文字がつめ過ぎですねw


わかりやすく書きます★


では、今回は「売れているキャストはどうしているか」を書きます。


まず、どんな水商売であれ、売れている(ランク上位)の子は、積極的であるのは間違いありません。


ですが、でしゃばるということもしません。


じゃあ、何を心がけているか?


それは、お客様に上手に甘えているのです。
そして、お客様にしてもらっているだけではないのです。


私のやっていた方法は、


まず、フリー(指名のないお客)は必ずドリンク交渉、場内指名を取る、これをまず徹底的にします。


まず、売れている子は会話や雰囲気作りが上手です。


ただノリがイイだけじゃダメなんです。
それじゃあ女性として見てもらい辛いです。


女の子として、そのお客さんの求める女になります。


そして甘えて、一緒にいたいということを全身で伝えます。


そして場内指名が入ったら、延長、連絡先交換をしっかりします。


その後は、しっかり、ありがとうメールをし、感謝とまた逢いたいこと、
あなたは特別だということを伝えます。


私のやっていたことは、


お客様ランキングを作ります。


A客=呼べば必ず来るお客様
B客=定期的に来てくれるお客様(呼んでも来てくれるときがある)
C客=全くあてにならないお客(気まま)


と、リストにします。


もし、店が暇なとき、営業をかけるにも役立ちます。


あとは自分の取ったポイントの把握をしています。メモしている子も多いです。


それで、あとどれくらい必要かを意識することによって、自分がすべきことを知るのです。


あと少し欲しい、と思ったら、同伴を積極的に組んだり、店外デートもします。


自分の時間をとにかく割いてでもお客様に時間を作るのです。


特別感を与えるのも大事ですが、やりすぎると安売りになってしまい、お店には来てくれなくなってしまうのが男性というものです。


どうせならセックスしたい。これが本音です。


そういう下心をうまく利用するのがキャストです。


ギリギリのラインで
引っ張る。


お客様が上位にいるようで、手のひらで
転がすくらいの力量が大事で、


なかなか難しいと思いますが、


「今日は酔いたい気分なの~」と甘えられると、もしかしたらこのあとアフター(店外デート)できるかも!? と期待も生まれますし、
お客様に高い値段のシャンパンやドリンク何杯も貰うのは申し訳ないなど
売れる子は考えていません。


交渉することは忘れず、タイミングを狙って切り出します。


タイミングは、話初めてから、会話が途切れそうになったときか、盛り上がり始めたときです。
「私、このお酒、大好きで○○さんと飲みたい!」と、アピールしましょう。


そして、頂いたら必ず飲みきりましょう。


二流キャストはカクテルでさえ残します。


ありえませんよね。お金いくらかかっているのか、逆の立場だったら良い気分になりませんよね。


ああ、本当にお酒好きなんだな、と喜んでもらいましょう! もしシャンパンが一人で開けれなかったら、スタッフやヘルプに助けて貰いましょう。
酔い潰れる=それだけ仕事をしたということですが、酔いつぶれたらそれ以上仕事ができません。


ボディータッチや、笑顔、とにかく、暗くなることや、自分中心のことはしません。


あくまでお客様のニーズに合わせて女優になるんです。


常連さんになれば、誕生日にプレゼントを渡したり、お客様の完全なる味方になるのです。


お客様はこの子に会うと癒される。


そう思うと、その子のために何かしたくなる、それが男というものです。


ただ単に、お金だけではない、心のつながりを大切にしています。


簡単そうで難しいですが、テンプレ会話、


「どこから来たんですか?」「なんのお仕事なんですか?」「何件目ですか?」


など、一流キャストは言いません。


初めてのお客様なら褒めてたり、その人に興味があるように甘えて、「せっかく会えたから楽しくすごしたいな」と寄り添います。


お客様もいい気分で帰りたいのです。


皆さんは、テンプレにばかり頼っていませんか?


会話は別になんでもいいのです。


でも、まずは、褒めるところから入りましょう。


出会えた喜びを伝えましょう。


その人がタイプでなくてもどこか好きな部分を探して教えてもらうことや、好きになったところを素直に言いましょう。


会話とは、一方的では成り立ちません。


無口な方なら、気を配って、最近の悩みなど打ち明けるのもありかもしれません。


そうしたら、質問に答えてくれるので、自然と口が開きます。



売上ポイントの意識を持って動く。
これが大切です。


それをするためには、どうお客様を攻略するかを考えられるからです。


ハンカチはブランド物を持ち、ポーチはぐちゃぐちゃじゃないか?
リップはしっかりしているか? 化粧崩れはないか?
いつも同じドレスではないか? 爪は汚れてないか?
髪型も定期的に変えているか?


常連さんになれば、「あ、この子いつも同じだ」と貧乏感とラフさを与えてしまいます。


一流になるためには見栄も大事です。


お金は使わないとはいってきません。


あとは、お店のスタッフに常連さんの好きなものを伝えておいたり、
気遣いのためのテーブルマナー等もしっかりしています。


最低限のこともできず、「指名が取れない、あの子派手でもないのに……」
と、思うときもあるかと思います。そういう子は気配りや、丁寧な接客をしているのです。


自分を知っているから売り込める。


人を裏やんでる間にフリーは必ず捕まえるところから始めましょう。


次はお水三大原則についてお話しますね!


ミヤビ♥